自分を知るにはまず己を見つめ直すことが大事

自分を変えるためには、まず己を知る事から始めなければなりません。
よく自分を知るからこそ、どう自分を変えればいいのか分かるからです。

自分を知るってどういう事?

自分を知る、それは己を分析するという事です。
強気? それとも弱気? どんな趣味がある? 性格にはどんな問題がある?
はたまたどんな人と付き合ってきたのか、趣味がどう変わってきたのか……。
どんな事でもいいので、一つずつ分析してみて下さい。
そうすれば、自分がどう変われば良い人生を歩めるのか、どういう風にすれば変われるのか。
そういった問題がおのずと見えてくるはずです。
特に分析したい点は性格もそうですが、恋愛や人間関係についてでしょう。
やはり恋愛や人間関係が絡む要素で、自分という人間の本性が出るものなのです。

どういう人生を送ってきた?

己を知るためには自分を分析する事もそうですが、これまでどういう人生を送ってきたのか、という事も考える必要があります。
自分の人生は自分の心で動くものですから、これまで送ってきた人生を振り返れば、自分を理解しそして変わる事が出来るはず。
どういう状況でどんな判断を自分はしてきたのか、それを振り返る事で自分の性格などが改めて分かるでしょう。

ただ振り返るだけではダメ!

ただ過去を振り返るだけでは思い出の発掘で終わってしまいます。
人生のターニングポイントとなる時、自分はどういう判断をしたのか。
職場や学校などの環境が変わった時から、自分は何か変わったか?
というように、人生の大きな転機や環境の変化があった時などを思い返してみてください。
重要な時ほど、自分の性格や行動パターンが良く分かるものなのです。

自分を分析し、過去を振り返る

意外と自分を改めて分析したり、過去を良く振り返る人はいません。
でもいざ改めて分析と振り返りをしてみると、自分という人間を良く知る事が出来ます。
そうやって自分を知って理解していけば、自分を変える何かのきっかけになるでしょう。